/heterogeneously1502403.html,320ml,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , カビ取り剤,茂木和哉,754円,rindertimi.al,カビとりジェルスプレー 初回限定 茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml 初回限定 茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml 754円 茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー カビ取り剤 754円 茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー カビ取り剤 /heterogeneously1502403.html,320ml,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , カビ取り剤,茂木和哉,754円,rindertimi.al,カビとりジェルスプレー

初回限定 茂木和哉 カビとりジェルスプレー メーカー公式ショップ 320ml

茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml

754円

茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml







◆商品のご案内
商品名(製品名)茂木和哉 カビとりジェルスプレー
内容量320ml
商品説明(製品の特徴)業務用レベルの強力高粘度。ジェルタイプパイプ用クリーナー。
高粘度ジェルがパイプ内垂直面にもベッタリ貼り付き、しつこい汚れに浸透してガッツリ落します。
持ち易いボトル形状と500g容量で商品化しました。
主な製品仕様カビとり
安全に関する注意体調が優れない方や、心臓病・呼吸器疾患等の方は使わない。
用途以外には使わない。
窓や戸を開けたり、換気扇を回すなど必ず換気をする。(2箇所以上あけると換気効果が高い)
ゴム手袋、マスク、目の保護に眼鏡等を使用する。
液が目に入らないように注意する。
液が皮ふや衣類につかないように注意する。
必ず単独で使用する。
酸性タイプの製品や食酢・アルコール等と混ざると有害なガスが発生して危険。
1度に大量に使ったり、続けて長時間使わない。
獣毛のハケ・ブラシは使用しない。
素材によっては傷んだり変色することがあるので、必ず目立たない場所で試してから使う。
浴槽、壁、サッシに液が付着すると変色することがあるので、放置せずすぐに水で洗い流す。
目より上の高さにはスプレーしない。衣類や敷物につくと脱色するので注意する。
直射日光をさけ高温の場所に置かない。使用後はキャップを固く締め立てて保管する。
破損を避けるため落とさない。
子供の手の届くところに置かない。
廃棄時は各自治体の定める方法に従って処理する。
目に入った場合は、こすらず直ちに流水で15分以上洗い流す。
痛みや異常がなくても直後に必ず眼科の診断を受ける。
飲み込んだ時は、水を飲ませた後、速やかに医師の診断を受ける。
皮膚に付いた場合は、直ちに多量の水で十分に洗い流す。
成分・分量次亜塩素酸ナトリウム
粘度調整剤
水酸化ナトリウム
問合せ先レック株式会社
03‐6661‐9941
製造販売会社(メーカー)レック株式会社
販売会社(発売元)レック株式会社
原産国日本
広告文責株式会社サンドラッグ
登録販売者:村瀬吉信
電話番号:0120‐009‐368
JANコード4562302492007
ブランド茂木和哉

茂木和哉 カビとりジェルスプレー 320ml

Wednesday, October 13, 2021

大阪夢洲IRの孤独な日々

以前は最も期待値が高かった大阪の夢洲IRだったが、今となっては音沙汰がなくなってしまった。 しかし大阪IRが孤独な日々を過ごしているのは単純にメディア関心の低下が唯一の理由ではなく、地元経済界の態度にも変化が見え始めている。

横浜の反カジノ運動が躓く

8月22日に行われる横浜の市長選でこのシナリオを想像してみる:出口調査では殆どの有権者がIRに懸念を抱き、賛成より反対意見が2倍という状況ながらふたを開けてみればIR推進派の林文子市長が再選を果たす。

横浜市長選、候補が増え予測不可能に

IR賛成の現職とIR反対の対抗馬との一騎打ちという横浜市長選のシナリオはこの数週間で大きく変わった。現時点では6人の候補者が出馬表明しており、現職の林文子市長は再選に対する態度を示していない。

横浜がいない日本のIRレースを考えてみる

現時点では横浜市が日本のIRレースが脱落したわけではないが、ここ一週間の出来事を考慮すると現実的な結果になっている。そのため、横浜が撤退したシナリオを考えてみるとする。

IR事業者が投資家と話す時

日本IRの動向を深く追っていれば、大手IR事業者が投資家と話す内容と日本のメディアと話す内容の違いに気付くであろう。

日本IRのコンソーシアム形成が明らかに

5年以上の年月を経て、日本のIRを狙うコンソーシアムの形が少しずつ明らかになってきた。

日本IR規制の最大の欠陥

日本のIR政策の訃報を書くのはまだ早いかもしれないが、日本のIR規制における最大の欠陥と言われるているIRライセンスの短さが今週再び話題となった。

日本のIR政策が崩壊寸前

日本のIR政策状況は現在危機的な状況に陥ており、このまま完全に崩壊するか、少なくとも長い間の停止期間をを余儀なくされる可能性が出てきた。
[adrotate group=”9″]
[adrotate group=”10″]
[adrotate group=”11″]
[adrotate group=”6″]